天海祐希ら「トップナイフ」を取り巻く看護師役に福士誠治ら決定!

©株式会社東京ニュース通信社

天海祐希が主演する、2020年1月11日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(土曜午後10:00)に、看護師役で福士誠治、森田望智、藤本泉の出演が決定した。

本作は外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う場所・脳外科を舞台に、最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。福士が演じるのは、天才脳外科医たちを支え、時に振り回されるベテラン看護師・犬飼剛。また、いつでも冷静沈着、優秀な若手看護師・小沢真凛役を森田が演じ、同じく同僚の看護師・伏見愛子役を藤本が演じる。

ベールに包まれた敏腕看護師・犬飼剛役の福士は「まずはこの作品に参加できること、とてもうれしく思っております。犬飼は医師と患者、人と人をつなげる役どころ。天海祐希さんをはじめ個性あふれるキャストの皆さまの中で関節部分のように存在できたらすてきだなと思います」とドラマ内での役割を語る。そして「やはり医療ドラマですので、命の大切さや病気に対する思いなども大切に演じられたらと思っております」と意気込みを話した。

同じ新人であるドクターの小机幸子(広瀬アリス)とかかわる、若きスーパーナース・小沢真凛役の森田は「幸子と絡んでいくことの多い真凛ですが、彼女とは対照的なツッコミ系のキャラクターで、冷静で仕事ができる23歳。個性的な5人の医者を客観的に見ている看護師なので、どこか視聴者の方々の目線に近いのではないのかなと思います」とキャラクターを説明。さらに「天海祐希さんをはじめ、ご一緒してみたかった方々ばかり。そして憧れの医療ドラマ。緊張しつつ、新鮮で刺激的な毎日を過ごせると思うと今から楽しみでいっぱいです」と期待に胸を弾ませている。

脳外科医たちの変人ぶりに驚く真面目なナース・伏見愛子役の藤本は「素晴らしい大先輩方とご一緒させていただけるのを心よりうれしく思っております。伏見愛子という役は、経験を積んだ落ち着きのある看護師ですが、新しい風が舞い込んだ脳外でどのように成長していくのか、私自身とても楽しみです」と役柄に期待。さらに「脳は特有の働きをするさまざまな部位が集まって一つとなりますが、私も個性あふれる魅力的な面々が集まる脳外を支える一人として、精いっぱい頑張ります。ぜひご覧ください」とアピールした。

また、公式Twitter(@topknife_ntv)で展開されている#Mのつぶやきでは、森田望智自身が若きスーパーナース・小沢真凛として、トップナイフの舞台となる「東都総合病院」の裏側を届けていく。