眼福すぎるスヌーピーワールド!東京・町田に『スヌーピーミュージアム』が明日よりオープン

©株式会社リライアブルピーアール

昨年9月に幕を閉じた東京・六本木の『スヌーピーミュージアム』が、南町田グランベリーパークに移転。約2倍の広さに生まれ変わり、明日12月14日(土)より開館する。

いよいよオープンとなる『スヌーピーミュージアム』は、アメリカ・カリフォルニア州にあるシュルツ美術館の世界で唯一の公式サテライトとして、同館が所蔵する原作コミック『ピーナッツ』の日本初公開となる貴重な原画を展示するほか、スヌーピーやチャーリー・ブラウンたちの魅力を存分に味わえる最高の空間となっている。

YESNEWS編集部でも、一足先にお邪魔させていただいた。

どこを歩けど眼福でしかないスヌーピーワールド!

中に入ると、すぐに目に入るのが「ワークショップルーム」だ。ここではぬいぐるみやトートバッグにキャンドルなど、世界に一つだけとなる自分だけのスヌーピー作品を作ることが出来る。

すでにチケットが完売している教室もあるほど人気となっているので、公式サイトに急げ!

エレベーターで3階に上がると、まずは「オープニング・シアター」へ。新作オリジナルアニメーションが楽しめようになっており、チャーリー・ブラウンや仲間たちが壁中を縦横無尽に走り回る姿はつい見とれてしまう。

進んだ「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」では、作者のチャールズ・シュルツの歴史を辿ることができる。

彼がキャラクターを生み出す瞬間の貴重な映像だけでなく、ピーナッツの物語やキャラクターとの密接な関係性を感じ取れるはずだ。

そして、「スヌーピー・テラス」も絶対見逃してはいけないエリア。開放感たっぷりの気持ちのいい空間で、壁一面にぎっしり描かれているスヌーピーを眺めながら小休止するにはもってこい。

続いて2階へ、順路を示す矢印も愛おしいスヌーピーが進む先を案内してくれる。

待ち受けていたのは「スヌーピー・ルーム」!何体もの大きなスヌーピーに圧倒されるが、特に中央にある全長8メートルの巨大スヌーピーは世界最大規模の像だとか。すやすやと眠る姿がたまらない・・・ここは記念撮影にはもってこいだろう。

その他にも見どころだらけのスヌーピーミュージアム――『ピーナッツ』が世界中の人に愛されている理由が良く分かった。

ちなみに、オリジナル商品が勢ぞろいしている「BROWN’S STORE(ブラウンズストア)」では心奪われるモノばかりなので、買いすぎには注意しよう。

『スヌーピーミュージアム』 開催概要

■休館日 :会期中無休(12月31日は短縮営業、2020年1月1日は休館)
■時 間 :10:00~20:00(入場は19:30まで)
■所在地 :東京都町田市鶴間3-1-1(TEL:042-812-2723)
■アクセス:東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅より徒歩4分

ⓒPeanuts Worldwide LLC