ハンド決勝はオランダとスペイン

女子世界選手権、15日に対戦

©一般社団法人共同通信社

ロシアを破って決勝進出を決め、大喜びするオランダの選手たち=パークドーム熊本

 ハンドボール女子の世界選手権第12日は13日、熊本市のパークドーム熊本で準決勝と順位決定戦が行われ、15日の決勝はオランダとスペインの顔合わせに決まった。ともに初優勝を狙う。準決勝でオランダは2016年リオデジャネイロ五輪優勝のロシアを33―32で破り、スペインはノルウェーに28―22で快勝した。

 5~6位決定戦ではモンテネグロがセルビアを下し、7~8位決定戦はスウェーデンがドイツに勝った。

ノルウェーを破って決勝進出を決め、喜ぶスペインの選手たち=パークドーム熊本