<あのころ>さよならSL

北海道の室蘭本線

©一般社団法人共同通信社

1975(昭和50)年12月14日、国鉄最後の蒸気機関車(SL)旅客列車が室蘭―岩見沢間でさよなら運転を行った。室蘭駅では前日から夜を明かすなど沿線に2万5千人以上の鉄道ファンが集まり、103年にわたるSL時代の閉幕を惜しんだ。写真は苫小牧駅の線路わきでカメラを構えるファン。