東洋大・相澤「記録にも記憶にも残る走りを」

最後の箱根駅伝にかける想い

©TOYO Press

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

陸上競技を中心に、東洋大学のスポーツを取材しています。

森尾 伊久美の記事一覧を見る

 12月13日、東洋大学白山キャンパスで陸上競技部の箱根駅伝壮行会が行われ、出雲・全日本と圧巻の走りを見せた相澤が、壮行会終了後の取材で「最後の箱根駅伝」にかける想いを語った。

無冠のままでは終われない

 自分自身としては、記録に残ることも大事だが、応援してくださっている方々の記憶に残る走りを箱根駅伝でもしたいと思っている。もちろん日本人最高記録も狙っていて、見ている人の気持ちを本当に熱くさせるような走りをしたい。

 昨年までの先輩は全日本(2015年)で優勝経験があったが、自分たちの学年から下はまだ三大駅伝で優勝した経験がない。無冠のままなので、優勝するという経験や姿を後輩たちに見せたいし、先頭で走る気持ちよさを味わわせてあげたい。キャプテンとしても、エースとしても、4年生としてもそう思っているので、自分がそういう走りをできればいいと思う。

 やはり今の時期は特に、チームが一つにまとまるということがすごく大事だと思っている。今年は部員が多いので、一人一人がしっかり役割を持つことが大事。自分たちが走っている裏側で、サポートをしてくれている選手もいるので、そういう選手の姿を見てその選手の分までしっかり走らないといけないなと、今年キャプテンになってこの四年間で一番強く思っている。

目指すのは、2区でも4区でも区間賞

 前回の箱根駅伝は4区だったが、今回は多くの方々に2区を期待されていて。2区を走るのであれば日本人最高記録はもちろん、モグスさんの記録(1時間6分4秒=山梨学院大・2009年)に、1秒でも近づければいいなと思っている。

 2区であれば一度経験しているのでシミュレーションができているし、東洋大らしい1秒をけずりだすような走りができれば、1時間6分30秒も見えてくる。4区であれば、前回走ってすごくいいイメージを持っている。その時は最後の5kmであまりタイムを上げることができなかったので、そこを上げていけば、前回出した区間新記録より30秒から1分くらいの短縮はできると思う。

 希望としては、2年生のときに2区を走って、3秒差で区間賞をとれなくて悔しい思いをしているので2区でリベンジしたいが、2区でも4区でも区間賞、区間首位を狙っているので、どの区間を任されても絶対に負けないという気持ちで臨みたい。

全日本を終えてから今まで

 全日本は10kmを27分台で入るレースになり、すごく体にダメージがあってキツい時もあったが、今はしっかりコンディションを整えて練習できている。昨年のように大きな怪我することがなく順調に練習を積めているので、体調不良に気を付けて箱根まで練習ができれば、記録は狙えると思う。

 箱根駅伝は、出雲・全日本とは違って距離が倍以上ということでスタミナが必要となってくるので、今はスタミナをつけている。2区を走るのであればさらにスピードが必要になってくるので、スピードとスタミナをうまく一緒につけていければいいかなと思う。

 八王子ロングディスタンス(11月23日に行われたトラックレース)に出場して27分台を狙うという手もあったが、10,000mはタイムを狙って東京五輪を狙えるチャンスがまだある。やはり最後の箱根駅伝なので、キャプテンとしてエースとして、自分には箱根駅伝に対する想いのほうが強くて、八王子ロングディスタンスには出場しなかった。

1年生が6人エントリー、頼もしい後輩たち

 上級生は4年生中心に結果を残していて、3年生は、西山や吉川が走れなかったりしてなかなか苦しかったが、それでも全日本が終わってから3年生中心にすごく盛り上がってきている実感がある。

 1年生からは6人がエントリー。練習にも意欲的で、自分が1年生だったらできないだろうなという練習をこなしていて、すごく頼もしい存在。走りを見ていると絶対に箱根に出たいんだという気持ちが伝わってくるので、1年生が出走するのであれば、緊張させないように自分たちがリードを作って、気持ちよく走らせてあげたい。