熊本城特別公開10万人突破 復旧状況を間近に

©株式会社熊本日日新聞社

特別公開後、通算10万人目の入場者となった池末羚君(中列右から3人目)と家族ら=14日、熊本市中央区

 熊本地震の復旧工事が続く熊本市中央区の熊本城で14日、10月5日に始まった特別公開の入園者が通算10万人を突破した。公開24日目の大台達成。市が記念セレモニーを開いた。

 10万人目は、福岡県柳川市の市職員池末勇人さん(54)、直美さん(44)夫妻の長男羚[れい]君(8)。熊本城おもてなし武将隊が、「熊本城かるた」や来民うちわなどの記念品を贈って祝った。

 初めて訪れたという羚君は「壊れたお城をこんなにきれいに戻せるのはすごい。かっこいいからまた来たい」と緊張気味に話した。

 特別公開は原則日曜・祝日の午前9時~午後5時。工事用スロープを渡り、外観が復旧した大天守などが間近で見られる。入場料は高校生以上500円、小中学生200円、未就学児無料。(魚住有佳)

(2019年12月15日付 熊本日日新聞朝刊掲載)