ラグビー神鋼、TL開幕へいざ W杯代表組らファン沸かす 神戸でキヤノンと練習試合

©株式会社神戸新聞社

キヤノンとの練習試合でトライを挙げる神戸製鋼の日本代表FB山中(中央)

 ラグビー・トップリーグ(TL)の神戸製鋼は14日、神戸市東灘区の神鋼灘浜グラウンドでキヤノンとのプレシーズンマッチに臨み、43-14で快勝した。ワールドカップ(W杯)日本代表のFB山中亮平やプロップ中島イシレリらも出場し、詰め掛けた1千人以上のファンを沸かせた。

 来年1月12日のTL開幕戦でぶつかる両チームの前哨戦。神鋼は12-14で前半を折り返したが、後半は5トライの猛攻で突き放した。神鋼は山中やCTBラファエレ・ティモシーがトライを挙げるなど代表4人全員がプレー。キヤノンの日本代表SH田中史朗とSO田村優は不在だった。

 神鋼はW杯期間中の10月、TL連覇に向けて始動し、代表組も11月中旬に合流した。前主将のフランカー橋本大輝は「スキルの高さなど、日本代表の経験を与えてくれている」とチーム力の底上げに手応えを示す。

 試合後、1時間近くサインや記念撮影に応じていた中島は「たくさん来てくれて本当にありがたいよね。神戸でもインパクトを与えるプレーをしたい」とW杯に続く活躍を誓っていた。(山本哲志)