アジアのアルヒラル準決勝へ

サッカークラブW杯

©一般社団法人共同通信社

準決勝進出を決め、喜ぶアルヒラルの選手たち=14日、ドーハ(AP=共同)

 サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第2日は14日、ドーハで準々決勝2試合が行われ、アジア代表のアルヒラル(サウジアラビア)と北中米カリブ海代表のモンテレイ(メキシコ)が準決勝に進んだ。

 アルヒラルはアフリカ王者のエスペランス(チュニジア)を1―0で下し、モンテレイは開催国代表のアルサド(カタール)を3―2で退けた。

 準決勝は17日(日本時間18日)に南米王者のフラメンゴ(ブラジル)とアルヒラルが顔を合わせ、18日(同19日)に欧州覇者のリバプール(イングランド)とモンテレイの対戦に決まった。(共同)