令和になってカードが使えなくなる…86歳女性、カード2枚手渡す被害 不正に50万円引き出される/入間

©株式会社埼玉新聞社

狭山署=埼玉県狭山市稲荷山

 埼玉県の狭山署は13日、入間市の無職女性(86)が手渡し詐欺でキャッシュカード2枚をだまし取られたと発表した。

 同署によると、13日午前10時ごろから数回、女性方に市役所職員などを名乗る男から「保険金の払い戻しがあるので、金融機関の口座に振り込みます」「元号が令和になったため、今持っているキャッシュカードが使えなくなる。古いカードを回収するので、カードを封筒に入れて待っていて下さい」などと電話があった。

 信じた女性は同日正午ごろ、自宅を訪れた金融機関職員を名乗る男にキャッシュカード2枚を手渡した。カード1枚から50万円が不正に引き出されていた。親族に相談して被害に気付いた。

 カードを渡した男は、身長約150センチ、30代の痩せ形。黒の短髪で、上着は灰色だった。