「ディーンさんは透き通ったエネルギーを持った方」かたせ梨乃が原作のハドソン夫人役で出演!

©株式会社東京ニュース通信社

女優のかたせ梨乃が、フジテレビ系で12月16日放送の連続ドラマ「シャーロック」(月曜午後9:00)最終回にゲスト出演する。

ドラマは、犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と元精神科医の若宮潤一(岩田剛典)がバディを組んで数々の難事件を解決していくミステリーエンターテインメント。16日の最終回は、前回の第10話のラストで起きた、獅子雄の推理により拘置所に送られていた市川利枝子を含む、男女4人の被告が東京拘置所から集団で脱走した事件をめぐり、獅子雄が宿敵・守谷壬三のもとへ立ち向かう道筋が描かれる。かたせのほか三浦誠己、渋谷謙人、北原里英、篠井英介らもゲスト出演し、これまでの回でゲスト出演した伊藤歩演じる元警視庁職員・市川利枝子や大鶴義丹演じる元東京都知事・鵜飼昇平、高橋克典演じる獅子雄の異母兄・誉万亀雄も再登場する。

かたせが演じるのは、原作のハドソン夫人にあたる波藤園美。獅子雄と若宮が共同生活をおくるベイカーハイツの管理人という役どころだ。園美は家賃を滞納している若宮を催促するため部屋を訪れた際に、獅子雄と出会う。かたせは「1話から全て拝見していたので、出演できてうれしいです」と喜び、役柄については「事件の“蚊帳の外”の人間なので、普通の主婦であることに気をつけました」と説明。ディーンとの共演には「『レミゼラブル 終わりなき旅路』では一緒のシーンがなかったので、今回初めてご一緒しました。物静かで透き通ったエネルギーを持った方ですね」と話している。