ライアン・レイノルズ、デッドプールやピカチュウに続くハマり役!?映画『6アンダーグラウンド』

©株式会社WOWOW

スキルも職業もバラバラな6人の精鋭が最強チームを結成して最難関のミッションに挑む、すべてが規格外のノンストップ・アクション『6アンダーグラウンド』が 12月13日(金)にNetflixにて全世界同時配信となった。主演を務めるライアン・レイノルズが演じているワンというキャラクターは、彼にとって当たり役となったデッドプールやピカチュウに続く存在のようだ。

本作は、ド派手なアクションや大爆発シーンを得意とすることから"破壊王"と称されるマイケル・ベイ監督らしさにあふれている。爆破や破壊を含む総使用車両数は750台以上、爆破などで消費した燃料の総量は6万リットル以上と、普通の映画とは一線を画す撮影規模で作られたド迫力な映像。さらに魅力的なキャラクターも作品に深みを与えている。

ライアンは自身の役柄について以下のようにコメントしている。「ワンは億万長者なんだ。なれるものならなってみたいよね(笑) でもワンは使命感からそんな身分を捨てて死を偽り、一流のスペシャリストたちを引き抜いて6人のチームを結成し、ある危険な任務に挑む。彼はメンバー同士が親密になると、感情的になって崩壊してしまうと考えているから、彼らのことを家族として見てはいなくて、あくまで冷静なんだ。だけど一緒に多くの時間を過ごしていろんな経験を重ねるうちに6人は親しくなり、家族のようになっていくんだよ」

そんなライアン自身は、『デッドプール』シリーズや『名探偵ピカチュウ』で披露している、たとえピンチの時でも早口でジョークを連発するというユーモアあふれるスタイルでおなじみだが、キレッキレなジョークは本作でも炸裂しているようだ。「ワンも『デッドプール』シリーズや『名探偵ピカチュウ』のようにジョークを連発する一面があるよ」と打ち明ける。

そうしたライアンのコメントをスタッフも裏づける。マイケル・ベイ監督が「ライアンが今回演じているキャラクターはひねりが効いていて素晴らしいんだよ!」と称賛すれば、プロデューサーのデヴィッド・エリソンも「ライアンはドラマチックな俳優としての一面と、天才的なコメディアンとしての一面を持っていて、今作はその両方を披露できる物語だ」と述べている。

謎の億万長者、元CIAスパイ、アクロバティックな軽業師、凄腕の医者、敏腕ドライバー、超一流スナイパー...世界随一のスキルを持ちながらも過去を消したいと願う6人の精鋭で結成された最強チーム〈6アンダーグラウンド〉。彼らはなぜ自らの過去、名前、地位などすべてを捨てて戦うことを選んだのか――。望みは、たとえ英雄として知られなくても、成し遂げた任務の成果が歴史に刻まれること。クセ者揃いの6人がそれぞれのスキルをフル活用し、世界を股にかけて華麗に戦う。ド派手なカーチェイス、スリリングな銃撃戦、超高層ビルでのバトルシーン、斬新なガジェットの数々――息をつく暇もない、超ド級のノンストップ・アクション!

Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』は独占配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo: