21歳男性が「逆走」衝突...5人重軽傷 国道6号で3台絡む事故

©福島民友新聞株式会社

事故現場を調べる署員たち=14日午前3時50分ごろ、いわき市

 14日午前1時30分ごろ、いわき市の国道6号で、同市、学生、男性(21)の乗用車が下り車線を逆走し別の乗用車と軽乗用車に衝突、5人が重軽傷を負った。

 けがをした5人のうち、21歳男性が全身を強く打ち重傷、別の乗用車を運転していた同市の会社員少年(18)が右足の骨を折り重傷。少年の車に同乗していた少女(18)、軽乗用車の会社員男性(40)と同乗者の男性(40)が軽傷を負った。

 いわき中央署によると、21歳男性は少年の車に衝突した後、会社員男性の車にぶつかったとみられ、少年らは「21歳男性の車が逆走してきた」と話しているという。

 現場は見通しの良い片側2車線の直線道路。上下線の間には中央分離帯があり、事故現場付近の中央分離帯に破損がないことから、同署は21歳男性が道沿いに下り車線に入ったとみて調べている。同署は21歳男性の回復を待ち、事故の経緯などを調べる。事故により、現場付近は約3時間30分、通行止めとなった。