伊勢 全国大会で上位目指す 小学生バドミントン、選手ら抱負 三重

©株式会社伊勢新聞社

【バドミントン全国大会に向け意気込む小学生たち=伊勢市小俣町の市小俣総合支所で】

 【伊勢】徳島県鳴門市で21日に開幕する「全国小学生バドミントン選手権大会」に出場する三重県伊勢市の小学生5人が13日、同市小俣町の市小俣総合支所で、教育委員会職員らを前に意気込みを述べた。

 小俣小6年の松本准君(11)、浜郷小5年の池山橙希君(11)、有緝小6年の世古口来海さん(12)、明倫小6年の稲吉礼有さん(12)、同小5年の山下羽奈さん(11)の5人。東海予選や県選考を経て全国出場を手にした。県選抜チームとして都道府県対抗の団体戦や学年別の個人戦に出場する。

 女子選抜キャプテンの世古口さんは「チーム一丸となり、一つでも多く勝てるよう全力で戦いたい」、団体と個人戦に臨む池山君は「団体はベスト8が目標。個人戦は昨年1回戦敗退し悔しい思いをした。練習の成果を発揮しベスト4を目指す」と意欲を語った。