愛媛OV7連勝 熊本に93―88 延長激闘制す  Bリーグ2部

©株式会社愛媛新聞社

試合後、父と握手を交わす愛媛OVのエース・タプスコット=伊予市民体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は14日、伊予市民体育館などで9試合を行い、西地区3位の愛媛オレンジバイキングス(OV)は同地区4位の熊本に延長戦の末、93―88で勝利し、連勝を7に伸ばした。通算成績14勝11敗、順位は3位のまま。(観客520人)

 愛媛OVは開始直後、熊本の外国人選手に連続得点を決められるなど劣勢に立ったが、第2クオーターに伊集の3点シュートやタプスコットの得点で逆転した。5点リードで迎えた後半、熊本の猛追で一時は再逆転されたが、タプスコットのシュートで同点に追い付き、延長戦は笠原の3点シュートや俊野達のフリースローなどで突き放した。

 次戦は15日午後2時から同体育館で熊本と対戦する。

◆連勝を伸ばしたい◆

 【愛媛OV・グレスマンヘッドコーチ(HC)の話】 接戦を勝ち切り、連勝できていることがいい影響を与えている。オフェンスリバウンドで上回れたことが勝因。次戦もファンのために連勝を伸ばしたい。

◆速攻受け失点 敗因◆

 【熊本・ブチニッチHCの話】 後半はいいシュートを打てていたが、入らなかった。3点シュートとフリースローの成功率が低かったことと、ターンオーバーからの速攻を受け失点がかさんだことが敗因になった。