ワンオペ家事にひと工夫! 3歳でもできる家事を取り入れる「ゆる家事シェア」

©株式会社マイナビ

子どもは戦力! やり方や道具を変えてみよう

こんにちは。ライフオーガナイザー®の佐藤美香です。

子どもに家事を手伝ってもらうのは、「危ない」「時間がかかる」と心配もありますよね……。ですが、「危ない」ことを知っておくことは、大切です。また、やらないと早くできるようにはなりませんし、子どもに任せることができれば、分担して他の作業ができるようになり「時間がかかる」問題も解決します。

やり方や、道具次第で、できることはたくさん。子どもも立派な戦力です。どんどん、手伝ってもらいましょう。

料理のお手伝い

①料理の簡単な準備

例えば、ママが調理している間に、次の料理の準備を手伝ってもらうのは、いかがですか?

玉ねぎの茶色い皮を剥く、ニンニクの皮を剥くなどの作業は、ママが横でずっと見ていなくても大丈夫。安心して任せてしまいましょう。

出典:https://aika-katazuke.com/

簡単だけどちょっと面倒な皮剥き……。子どもが手伝ってくれると、とても助かります。

②子どもがやりやすいよう、やり方を変える

例えば、餃子。小さな子どもに手伝ってもらうのは、ハードルが高いですよね。100均で、餃子の皮の上にタネをのせ、パッタンと挟むと餃子ができあがる道具もありますが、皮がずれてしまったりして、小さな子どもには意外と難しい……。

そこで、いつもの丸い餃子の皮から、棒餃子用の四角い皮に変えてみるのはいかがでしょうか。餃子のタネを包む作業は、より簡単になりできるようになります。

出典:https://aika-katazuke.com/

中央にタネを細長くのせて、巻いていけば終了。

出典:https://aika-katazuke.com/

美しいできばえとはいきませんが、自分で作るといつもよりおいしいのか、よく食べてくれるというオマケがついてきます。

③遊びの延長にして、一緒に楽しむ

休日は、遊びの延長でできるランチはいかがでしょう? 市販のパイシートは、手軽で簡単。しかも、冷蔵庫の残りものや、缶詰食材で作れるので、オススメです。

出典:https://aika-katazuke.com/

写真は、缶詰のオリーブを潰して、ピザチーズ、塩・胡椒・マヨネーズを混ぜて、ピザシートの上にのせたもの。シートをクルクル巻いたら、ひと口サイズに切っていきます。

出典:https://aika-katazuke.com/

真っすぐ切るだけでも、必死。それでも、とてもうれしそうでした。

また、ピザシートを正方形に切って、ウィンナーやチーズ、ツナマヨを包むのもいいですし、夕飯の残りのおかずを変身させてもいいですね。

出典:https://aika-katazuke.com/

いろいろとアレンジのきいたパイができ上がります。まとめて、オーブンで焼けば完成。

出典:https://aika-katazuke.com/

いつもの食事作りより時間はかかりますが、ひとりで頑張る食事作りより、一緒に楽しむことができるのは、なかなかいいものです。時間に余裕があるときに、ぜひ試してみてください。

洗濯・掃除のお手伝い

①洗濯ピンチは手の届く位置に

洗濯ピンチを届く場所に吊るすと、洗濯干しをお願いすることもできます。靴下などのシワが気にならないものをお願いしてはいかがですか? 洗濯ピンチは、洗濯バサミが固くないものを選んでくださいね。

出典:https://aika-katazuke.com/

乾いたら、今度は洗濯物を外すお手伝いもお願いできますよ。

②タオルを畳む

ハンドタオルやフェイスタオルなど、四角いものは小さな子でも畳みやすいです。畳むためのスペースを確保してあげましょう。

出典:https://aika-katazuke.com/

使用頻度の高いタオル、端と端が揃ってなくてもOK。お願いすることで、ひとつ家事が減ればラッキーです。

手に取りやすい場所に持ちやすい掃除道具を

掃除道具も、手に届きやすい場所に置いておくといいですよ。小さくて軽い道具があるといいです。100均などでも手に入るので、大人が使うものとは別に子供用を用意してもいいかもしれません。

出典:https://aika-katazuke.com/

汚した時に、子どもが自分で掃除してくれると、ママも楽ですね。

まとめ

子どもに手伝ってもらうより、自分でやった方が楽と思うことも、正直あります。ですが、知らないことはできるようになりませんし、ひとりで家事をこなすよりもずっと楽しい。仕事や家事で忙しくて、子どもとゆっくり遊べないなんてときは、ぜひ家事時間をコミュニケーション時間に使ってみてください。