藤田菜七子騎手が通算100勝

JRA所属馬で中央、地方合わせ

©一般社団法人共同通信社

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)は15日、中京競馬場で行われた第6レースでシーシーサザンに騎乗して1着となり、JRA所属馬で中央、地方競馬を合わせて、2016年のデビュー以来通算100勝を達成した。

 内訳は中央90勝、地方10勝。地方、海外でJRA所属馬以外への騎乗を含めると、勝利数はさらに増える。

 藤田は8日にコパノキッキングでカペラステークス(G3)に優勝、日本人の女性騎手では初めて中央競馬の重賞レースを制した。