柔道マスターズ、日本代表が帰国

優勝の原沢「締めくくれた」

©一般社団法人共同通信社

中国・青島から帰国し、取材に応じる原沢久喜=15日、成田空港

 東京五輪代表選考会の一つ、柔道のマスターズ大会に出場した日本代表が15日、中国の青島から成田空港に帰国し、男子100キロ超級で優勝した原沢久喜(百五銀行)は「レベルの高いトーナメントだった。今年の最後にいい形で締めくくれた」と手応えを語った。

 世界選手権2位だった原沢は左脚肉離れで11月のグランドスラム大阪大会を欠場。復帰戦を制し、2大会連続の五輪代表へ大きく前進した。「五輪でどう勝つかを頭に置いて練習する」と決意を新たにした。

 男子60キロ級制覇で代表争いに踏みとどまった永山竜樹(了徳寺大職)は「納得できる柔道をもっとしたい」と話した。