「日本の存在高まった」と小泉氏

石炭祭りと日本批判を自嘲

©一般社団法人共同通信社

COP25の会場で報道陣の取材に応じる小泉環境相=15日、マドリード(共同)

 【マドリード共同】スペイン・マドリードでの国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に参加した小泉進次郎環境相は15日、帰国前に会場で報道陣に「交渉成立に向けて積極的に貢献し、日本のプレゼンス(存在感)が高まった」と成果を強調した。

 小泉氏は9日に現地入りし、11日の閣僚級会合で演説した。二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電を巡り批判の的になり「冒頭は石炭祭りだった」と自嘲気味に話した。批判は日本への期待の裏返しだとも主張した。

 一方で合意を目指し各国閣僚らと30回以上、会談を重ねたと積極姿勢をアピールした。