「中国大使館員を追放」と報道

情報要員、米海軍基地へ侵入図る

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは15日、米軍の特殊作戦部隊が拠点とする南部バージニア州の海軍基地に侵入を図ったとして、米政府が中国大使館員2人を追放したと報じた。同紙によると、中国大使館員の追放は1987年以来になるという。米当局者は少なくとも1人が情報要員とみている。

 同紙によると、大使館員2人は9月下旬、妻と共に車で基地を訪れた。許可を持っていなかったため検問所の職員が戻るよう指示。しかし、大使館員らはそのまま基地内を進み続けた。中国側は警備員の英語の指示が理解できず、道に迷ったと主張したが、米側は受け入れなかった。