SBI共同店舗が運営開始、島根

地元銀行、松江市の本店で

©一般社団法人共同通信社

「島根銀行SBIマネープラザ」の運営開始式典に臨んだ島根銀の鈴木良夫頭取(中央)とSBIマネープラザの太田智彦社長(左端)=16日午前、松江市

 島根銀行と、SBIホールディングス傘下のSBIマネープラザの共同店舗「島根銀行SBIマネープラザ」が16日、松江市にある島根銀本店内で運営を開始した。島根銀の鈴木良夫頭取は式典で「SBIグループの経営資源を最大限活用し、地域になくてはならない金融機関であり続けたい」と述べた。

 島根銀は今年9月、SBIと資本業務提携すると発表した。SBIが「第4のメガバンク構想」として掲げる地銀連携に応じた最初の銀行で、共同店舗は連携具体化の一環となる。

 SBIマネープラザの太田智彦社長も出席し「島根銀の強固な基盤と、SBIの豊富な金融商品を融合させたい」と話した。