「好きって言って」への返答に絶望、交際相手殺害 37歳女に懲役14年の判決、京都地裁

©株式会社京都新聞社

京都地裁

 交際相手を殺害したとして、殺人罪に問われた無職江藤翼被告(37)の裁判員裁判で、京都地裁は16日、懲役14年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。柴山智裁判長は「被害者に落ち度はなく身勝手な犯行」と述べた。

 判決によると、3月7日朝、職場で知り合った交際相手のゆうちょ銀行社員倉満紀治さん=当時(38)=の京都市伏見区の自宅アパートで、「好きって言って」と問いかけたのに対して、「ちゃんとしてたらね」と返答されたことに絶望。倉満さんを殺害し、自殺しようと考え、ベルトで首を絞めた上、包丁で左背部を1回突き刺して殺害した。
 柴山裁判長は動機について「被害者が元交際相手とよりを戻すのではないかと不安を募らせていた」と指摘し、将来を悲観する心情に一定の理解を示しつつも「犯行は身勝手」と断じた。