<あのころ>福引にニワトリ

神武景気の歳末商戦

©一般社団法人共同通信社

1956(昭和31)年12月17日、ニワトリのひなを歳末の福引景品にしたのは福岡市の商店街。翌年の「えとを育てて卵を」とアピール。神武景気に沸いた各地では「千円札のつかみ取り」(札幌)、「現金の当たる福引」(仙台、京都、神戸、長崎)、「観光地、温泉招待」など商戦もさまざま。