結露とカビのおはなし

©株式会社VOTE FOR

結露はカビの原因となり、健康に影響することもあります。こまめな換気を心がけ、快適な冬を過ごしましょう。

■結露の水はどこから
結露は、屋内で発生した水蒸気が、ガラス窓や壁に触れて冷やされ、水滴になるものです。炊事や浴室からの湯気のほか、衣類乾燥機等からも多量の水蒸気が発生します。

■結露を防ぐために
・炊事等で発生した水蒸気は、早めに換気をして、外に出しましょう
・就寝前に、5分程度窓を開けましょう
・家具は壁から離し、押し入れの中は奥を空け、荷物の下にすのこ等を敷き、空気が流れるようにしましょう

■カビと湿度の関係
カビは、建材や壁紙を傷めるだけでなく、アレルギーの原因にもなります。カビは湿度が60%以上になると発生するため、湿度の管理が大切です。また、カビが多いとダニ等が繁殖しやすくなります。

■カビの発生を抑えるために
・意識して換気を行い、ぬれた壁等はこまめに拭き取りましょう
・温湿度計を活用し、室温は20℃前後、湿度は50%前後を保ちましょう