中村倫也やROLANDなど今年話題のイケメンが「NEWS AWARDS 2019」を受賞!

©株式会社ジェイプレス社

16日、LINE NEWSが2019年を彩った話題の人を表彰する「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2019」が都内で開催された。同アーワードは「アイドル」、「アーティスト」、「アスリート」、「芸人」、「実業家・政治家」、「俳優」、「文化人」の7部門とLINE NEWS内で注目を集めたニュースに贈られる「LINEジャーナリズム大賞」にわかれている。

俳優部門では、中村倫也が選出された。登壇した中村は「俳優が話題になるということは、それだけ話題になる作品に出させていていただいたということだと思います。この1年そういう作品を作ってきた仲間だったり、記者の皆さんが紹介してくださったおかげだと思います」と関係者に感謝の気持ちと伝えた。

また、今年からはゴルフにハマっているそうだ。知人から勧められた訳ではなく「自分の好きなこと『スポーツ』『歩く』『自然』と並べたらこれゴルフじゃないか? となった」と明かす。来年チャレンジしたいことについては「釣りですかね。30代でやろうと決めたのがゴルフと釣りとキャンプなんです。今年ゴルフは始められたので、釣りを次は」と意気込んだ。

中村は24日、クリスマスイブが誕生日だが、当日の予定については「19時まで仕事して」と歯切れの悪い返しをする。イブという特別な日が誕生日のため、いつも人が集まらないそうで「たぶん今年も仕事が終わったら、打ちっ放しに行っていると思います」と明かした。

実業家・政治家部門は歌舞伎町のカリスマホスト・ROLANDが選出された。今年からタピオカ店やメンズ脱毛サロンの経営で実業家として大きく活躍しているROLANDは「僕が今年ホストを引退して実業家になるということで、周りには『ホスト出身のお前ができるわけない』『ホストになにができるんだ』と100人中100人に言われました。この賞は、そういった100人に対してのひとつのアンサーになったのではないのかなと思います」と受賞の言葉を語った。

トロフィーを受け取った直後は真面目モードのROLANDだったが、その後は来年の流行語にノミネートされるようなキーワードについて意見を求められると、「来年はオリンピックもありますし、ROLANDが本気を出せば五輪の輪をひとつくらい増やせちゃうので、五輪なのか六輪なのかわからないですけど、オリンピックにちなんだに言葉が入ってくるんじゃないでしょうか?」とROLAND節をさく裂させ、自身が思う今年の漢字については「俺」と即答。会場の笑いを誘った。

アスリート部門に関しては今年の「ラグビーワールドカップ2019」でベスト8に進出したラグビー日本代表が選ばれ、稲垣啓太選手と田中史朗選手がビデオレターで感謝の言葉を述べた。(斎藤雅道)

■受賞結果は以下の通り

LINEジャーナリズム大賞:ハフポスト日本版ニュースエディター 吉田遥さん

実業家・政治家部門:ROLAND

アーティスト部門:Official髭男dism

アイドル部門:日向坂46

文化人部門:新海誠監督

芸人部門:夢屋まさる

アスリート部門:ラグビー日本代表

俳優部門:中村倫也