渡辺謙、真田広之、赤西仁…だけではなかった 日本で8年間、役者として日の目を見なかった俳優がアメリカへ渡り成功|前編

©TABLO

アメリカと日本の俳優の扱いの違い ユニオンが好待遇を保証

錦戸亮のライブにお忍びで訪問、その後、山田孝之と合流した様子が『女性自身』(光文社)に報じられた赤西仁。ジャニーズ事務所を退所後に、海外で活動する基盤を作り、プライベートも運転手付きというセレブ生活を送っている旨を『FLASH』(光文社)も報じています。世界に活動の舞台を広げることは成功の近道なのでしょうか。

アメリカの人気アクションドラマ『S.W.A.T.』(CBS)が初のアジアロケとして、日本・東京を舞台にしたエピソードの撮影を先月敢行し、来年全米放送のシーズン3で放送されることが報じられています。ヤクザの組長役として出演の竹嶋利仁(たけしまとしじ)(47)さんにインタビューしました。

「リアリズムを重要視するハリウッドでは日本の作品で見られる人を威嚇するような演技は好まれません。普通で居ることを求められるのです。監督とじっくり話し合い、キャラクターを確立して行きます。監督も同等の立場で俳優の声をしっかりと受け止めてアイデアを出します」(竹嶋さん)

インタビュー場所は、竹嶋さんが宿泊する五つ星ホテルのカフェ。

「4つ星以上のホテルがいつも用意されています。飛行機による移動は、ビジネスクラス以上です」(竹嶋さん)

なんとも快適でセレブな環境は、ユニオン(労働組合)が保証してくれるようです。アメリカでは、プロとして活躍する俳優はユニオン(労働組合)に属し、労災、労働時間、休憩等が定められているそうです。制作プロダクションは、そのルールを守るように義務付けられています。

「出演料も役の大きさによって最低賃金が決まっています。撮影時間が延長したらオーバータイムに応じた追加の報酬、出演番組が再放送されたら、再放送料などもきちんと支払われます」(竹嶋さん)

20年前に日本で俳優をしていたときには、出演料が3000円ということもあったそうですが、アメリカでは、エキストラだけで人並み以上の生活ができる報酬を得ている人もいるそうです。

日本の芸能界にもどかしさを感じて――

「ユニオン(組合)によって労働時間が決められているということは制作側にとってもとても大変なことです。時間内に予算内で物作りをしなくてはならない。おのずと無駄な時間を過ごすことが出来ないわけですから効率が上がる、そのためには優秀な人材を使わなくてはならない。作品として良いことしか起きないわけです。

現場によっては撮っているその場で編集ブースがあり同時に編集しているプロダクションもあります。日本でも新しいユニオンを作ろうとしている動きがあるそうですが素晴らしいことだと思います。俳優や制作部の環境が整って安全が保たれる。本来取るべき人が報酬をフェアに受け取るという環境ができればモチベーションも上がるでしょうし、パフォーミングアーツの位置やグレードがまた一つ上がって行くのだと思います。

勿論日本にはたくさんの素晴らしい俳優や監督、スタッフの方々がいるのでその才能が発揮できる環境が整っているところもあると思いますがそれは一部で眠っている宝がたくさんあると思います」(竹嶋さん)

小さな頃から演劇に興味を持ち、外国という未知の世界に憧れを持っていた幼少期。アメリカ映画を観まくって育った少年期。持ち前の運動神経で特待生としてサッカーで高校に入り全国大会出場し、20代の前半にはオーストラリアでプロのラフティングインストラクターとして活躍し、日本代表として世界大会にも出場した経験をもつアスリートは帰国後8年間、日本の芸能プロダクションに所属したものの、日本の芸能界にもどかしさを感じて、渡米して15年。

「オーディションにしろ、現場にしろ英語の言い回しをできるだけネイティブに近づけるために、毎回、台詞を貰うたびに専属のスピーチコーチにお金を払ってトレーニングをしてもらいます」(竹嶋さん)

テレビの仕事は前日にオーディションの台詞を貰うことも多く、その場で台詞が変わることも多々有るため臨機応変な対応ができることが求められます。これまでアメリカだけでなく日本、中国、インドネシア、インド、タイ、シンガポール、ブラジルなどのプロダクションと仕事をしてきた経験から、やはりアメリカの現場は労働環境が守られているので自分のパフォーマンスが最大限に発揮できる環境があるそうです。(文◎野島茂朗)

後編に続きます