「自分は違う」が落とし穴…「〇〇持った?」「早くしなさい」“隠れ過干渉”だった父がたどり着いた答え

©まいどなニュース

子育てをしていると、我が子の行動につい口が出てしまう…という経験、ありませんか? さほど教育熱心でもないし、自由な方…と思っていても、良かれと思ってする声掛けが実は「隠れ過干渉」になり、子どもの主体性や自ら考える力を育む妨げになっていることもあるといいます。そんな「失敗」から新たな活動を始めた男性に話を聞きました。

その人は河合義徳さん。有限会社バックステージ代表として中小企業を中心に企業のコンサルティングや意識改革を促すセミナーなどを手掛ける傍ら、スコアに現れない「やる気」を評価する私設バスケ応援団「躍心JAPAN」の団長として活動しています。

「スポーツも、仕事も、もっと楽しんでいい。楽しめる環境づくりが大切」と話す河合義徳さん=神戸市内

「小さい頃は何をしようと放任だった」という一人娘への接し方が変わったのは、娘が小学2年で始めたバスケットボールがきっかけでした。

娘はプロの試合を見て「人を感動させる選手になりたい」と、厳しいことで有名な地元のミニバスチームに入団しました。監督の指導方針は生活態度も含め全て「自分で考える」こと。ミスをしても、負けても、うまくなりたいと言っても「次はどうする?」「うまくなりたいなら自分で獲りに来い」と言うだけ。指示は一切しなかったといいます。

自身の失敗談やそこから気付いた子どもへの関わり方などを話す河合さん=神戸市内

スポーツといえば指導者に指示され必死で練習するしか知らなかった河合さんは「目からウロコで、自分の方が感動してしまった」といいます。最初はメンバーもそろわず、試合もできなかったのが、人数が増えて勝ち進めるようになり、全国制覇を目標に掲げるようになると、「ついつい、口が出るようになってしまった」と振り返ります。

試合になると観客席から「さっきのはパスやろ!」「走れ!」と娘のプレーにゲキを飛ばす。勝負所でディフェンスの足が止まったり、声を掛け合えてなかったりすると「他のチームはこうしてる」と比較してしまう。そんなとき、決まって娘はじっと黙り込んでいました。「それで余計に拍車がかかって、『全国制覇』なんて目標立てたくせにいつになったらやるねん!と腹が立って…。特に自分はバスケの素人。自分も未知の世界で不安で、娘なりに工夫をしようとしているのも気付かなかった」。プレー以外にも試合前に「水筒に水入れたか?」など細かに声を掛けていました。

躍心JAPANのクリニックでは「技術の指導は一切しない」という(提供)

決して娘に手を挙げたり、激しく反抗されたりした訳ではありませんが「5、6年生の頃は一番うっとうしがられた」とか。娘には一度だけ「(私が)やってるの、見ててくれた?」と言われ、妻からも「口を出し過ぎじゃない?」と言われたこともありましたが、それでも自らの「過干渉」に気付くことはなかったといいます。

「諦めない姿勢(A)」「ボールのない所でも貢献(P)」「声掛けや気持ちの良い挨拶(C)」をカウントするスコアシート。4人のスコアラーがチェックする(提供)
コートサイドから余計なゲキや口出しをした大人は…こうなります(提供)

そんなある日の練習で、河合さんはふと、ボールのないところで必死に相手を抑えている選手を目にし、「見えなくても頑張ってる子がおるんや」と唐突に気付いたといいます。

「そういう目で見れば、それまでの自分や周囲の親がどれほど子どもに干渉しているかが見え始めた」と河合さん。以来、ゲキや注意をぐっとこらえ、見えない努力を評価するよう心掛けたところ、娘を始めチームの雰囲気が良くなり、結果も出始めたのだそうです。

そうした「気付き」や監督の言葉をツイッターで発信したところ、全国から共感の声が上がり、2013年には保護者らで「躍心JAPAN」を結成。現在約150人が登録し、ゲリラ的に応援に行っては「見えない小さい輝き」に観客席から声援を送っています。また「自分で考える」を重視したクリニックを開催。「声を出したこと」「ディフェンスにすぐ戻ったこと」などを「諦めない姿勢(A)」「ボールのない所でも貢献(P)」「声掛けや気持ちの良い挨拶(C)」の観点で絶対評価でカウントし、表彰する取り組みを始めました。

気合の入った声が聞こえてきそうです(提供)

エースでもない、運動神経が良いわけでもない、そんな子がMVPになれる。得点やアシストといった「結果」でなく「やろうとした瞬間」を認めることで、子どもたちは自然と声が大きくなり、笑顔になり、バスケを辞めるつもりだったのに「続ける」と言ってくれた子も。一方、余計なゲキを飛ばしたり、「アップしとけよ」「バッシュ持った?」などと声を掛けたりした大人は「×」のマスクを着けるペナルティーが。「大人の姿を子どもも見て、大人も失敗する、それでもいいんだと学ぶ」といいます。

「親や指導者が叱り、口出ししていれば、指導者の顔や親を見てプレーをするようになる。それでは楽しめないし、人間としての力にもならない」と河合さん。「成長しなければならないのは大人の方。僕のように『そんなハズじゃない』と思ってる方が意外と危ない。口を出さないのは、本当にしんどい。しんどいけれど絶対必要。子どもも今の会社組織でも同じではないでしょうか」と問い掛けます。

そういえば子どものころ「勉強しなさい」「ゲームはやめなさい」と口酸っぱく言う親に「なんで分かってくれないんだろう」と思った人は少なくないのでは。私も、その一人なのに…忘れてしまうものなのですね。

デザインを活かした人づくりや終活、婚活などのセミナーを開く河合さん(左後ろ)ら=神戸市内

(まいどなニュース・広畑 千春)