和牛遺伝子、流出に刑事罰

不正売買や取得差し止め

©一般社団法人共同通信社

和牛の遺伝資源の保護策

 農林水産省は17日、和牛の受精卵や精液などの「遺伝資源」が海外に流出するのを防ぐため、不正な売買や譲渡、取得に刑事罰を設ける方針を固めた。遺伝資源を「知的財産」と見なして保護を図り、ルールに違反した転売などの取引や生産を差し止める規制も設ける。今後さらに詳細を詰め、来年の通常国会への関連法案提出を目指す。

 同日の有識者検討会で保護策の論点を整理した。和牛は海外での人気の高まりを受け、政府も輸出の重点品目として拡大を図っている。ただこれまでは受精卵や精液の不正な持ち出しを防ぐ法規制がなく、水面下で海外流出が進み、保護策を強化する必要性が指摘されていた。