蒼井翔太「今回は限界を感じました(笑)」水樹奈々との「FNS歌謡祭」コラボ秘話が明らかに!

©ジグノシステムジャパン株式会社

声優・アーティスト・俳優として幅広く活躍中の蒼井翔太。12月11日(水)放送のレギュラーラジオ番組「蒼井翔太 Hungry night」には、先輩声優アーティスト・水樹奈々さんがゲスト出演。12月4日(水)の「2019 FNS歌謡祭」第1夜の生放送で、水樹奈々の「METANOIA」を一緒に歌ったコラボステージの裏側を語ってくれました。
(TOKYO FM「蒼井翔太 Hungry night」2019年12月11日(水)放送より)

水樹奈々さんと声優・アーティスト・俳優として活躍する蒼井翔太

蒼井:(「2019 FNS歌謡祭」第1夜)当日は、ガチガチに震える僕に、奈々さんが「楽しもうね!」とひとこと言ってくださったのが本当に心強くて。

水樹:本当にスペシャルな、一夜限りのコラボレーションじゃない? 私としては、同じレーベルメイトの後輩たちがこんな華やかなステージに続々と登場していることが本当に嬉しくて。しかも共演できて、「自分の曲を一緒に歌ってもらえるって幸せだわ~!」と思って、緊張してる場合じゃないと思ったんですね。「楽しまなきゃ!」と、私自身にも言い聞かせた言葉でもあるの。だからね、スイッチ入ったよね、あの瞬間。

蒼井:そうですね。そしてギターを弾いてくださった高見沢(俊彦/THE ALFEE)さんの光るギターも相まって……。

水樹:「メリークリスマス」って言いながら、点灯していました、高見沢さん。

蒼井:してましたよね。思い出しちゃう。

水樹:かなり重いらしくてね、あのギター。“肩が凝っちゃうんだよ、歌よりも大変なんだ”って。だから“毎回、全力投球で挑んでるんだ”という話をされてました、リハーサルのときに。

蒼井:お衣装もね、奈々さんは黒と赤のね。

水樹:ちらっと(赤を)ポイントに入れてみました。

蒼井:ドレッシーだけどハードな感じで。僕も赤い羽根をちょっと入れさせてもらって。

水樹:ちょっとワイルドな翔太くんが感じられた。やっぱり(『ウエスト・サイド・ストーリー』で)トニーを演じてたからかな?(笑)。あの日も大変だったよね、お昼に公演に出てからの生放送だから。通しリハというのが「FNS歌謡祭」は毎回、朝にあるんですよ。前日は音合わせで翔太くんと一緒だったけど、当日の朝はいないじゃない?

蒼井:そうなんです。

水樹:だから代役の男性が……。

蒼井:その映像、観させていただきました。

水樹:「蒼井」っていう札をつけた仮歌の方が歌ってらっしゃったんですけど、「すみません、このキーは出ないので1オクターブ下で歌わせてください」っておっしゃってて。改めて翔太くんが私のオリジナルキーで歌ってくれたことが、どれだけすごいかを感じましたよ。

蒼井:今回は僕、限界を感じました(笑)。僕の声帯の限界を感じました。

水樹:全然! まだまだいけるって感じよ。

蒼井:奈々さんは楽曲を出されるたびに、(歌のキーの高さを)更新していくじゃないですか。

水樹:あはは、もう私も過去の自分との戦いだからね。別にね、高いキーを出すために頑張っているわけじゃないんですよ。歌のために必要な高音域。上松(範康)さんに限らず、いろんな作家さんが、私にビシビシと鞭を振るってくるんですよ(笑)。

蒼井:そういう方々が周りにいらっしゃるというのが、すごいことですよね。

水樹:そうなんです。だから自分の限界というのが、「まだ先にあるんだ、まだまだ超えていけるんだ」と体感させてもらえて、ありがたいなって思います。

蒼井:僕も今回「METANOIA」をご一緒させていただいて、今までの自分の楽曲でもここまでの音域は出したことがないので、一瞬だけでも、今後、自分の曲に入れてみようかと。自分のチャレンジにもなりそうなので。

水樹:なるよね! 前向きなね! そうそう、いいじゃない! 素敵!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月19日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:蒼井翔太 Hungry night
放送エリア:TOKYO FM
放送日時:毎週水曜25:00~25:30
パーソナリティ:蒼井翔太
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/aoi
番組公式Twitter:@hungrynight_tfm
番組ハッシュタグ:#グリナイ