マカオ故宮文化遺産保護継承センター創設へ

©大航海時代新聞出版社有限公司

「マカオ故宮文化遺産保護継承センター」創設に関する協力覚書調印式=2019年12月17日(写真:GCS)

 12月17日、崔世安(フェルナンド・チュイ)マカオ特別行政区行政長官と雒樹剛中国文化観光部長が「マカオ故宮文化遺産保護継承センター」創設に関する協力覚書に調印した。

 マカオ故宮文化遺産保護継承センターはマカオ半島新口岸地区にあるマカオ返還寄贈品博物館に併設される予定で、文化財の保護、カルチャー・クリエイティブ分野の研究開発、教育・プロモーションの3つの主要機能を持ち、故宮カルチャー・クリエイティブ製品展示ゾーン、文化財修復ゾーン等を備えるとのこと。