今田美桜が紅一点の刑事役に! 桐谷健太&東出昌大W主演「ケイジとケンジ」出演

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系にて2020年1月16日よりスタートする連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜午後9:00)に今田美桜が出演することが分かった。

同ドラマは、桐谷健太演じる元体育教師の異色な刑事・仲井戸豪太と、東出昌大演じる東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平の異色バディが、仲良く衝突しながらも事件に挑むコミカルかつ新機軸の事件解決バディドラマ。今田が演じるのは、豪太が配属される神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事・毛利ひかるで、愛嬌(あいきょう)とたくましさを兼ね備えた紅一点の刑事。今田は今作で刑事役に本格初挑戦となる。「役の幅が広がってすごくうれしいです。刑事役はCMで少し演じたことがありましたけど、本格的に演じるのは今回が初めて。実は“刑事役=カッコいい”というイメージがあったので、こんなに早く自分が演じられるとは思っていなくて…。出演が決まった時はドキドキしました」とコメント。

また、自身の役どころについては「ひかるちゃんは男前な部分のある刑事。私自身も『年齢のわりには落ち着いていて、わりと男っぽいところがあるね』と言われたりするタイプなので、ちょっと似ている部分もあるかもしれません(笑)。そんなひかるちゃんをカッコよさとフレッシュさを忘れずに演じられたら」と意気込みを語っている。さらに今回の役どころは、豪太ら男性陣にすかさずツッコミを入れる役割も担っており、「ここまでツッコむ役も初めてですし、本読みで『まだまだだな…』と思う部分もあったので、もっともっと頑張りながら、楽しんでツッコんでいきたいです(笑)」と胸を高鳴らせている。