南野、リバプール移籍が確実に!18日中にメディカルチェックへ

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供:Gettyimages

レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実のリバプール移籍が確実になったようだ。18日中にメディカルチェックを受ける予定だと、英紙『ミラー』が伝えている。

『ミラー』によると、リバプールは南野の冬の移籍市場が開く来年1月1日に南野を725万ポンド(約8億円)で獲得するという。同選手の市場価値は2500万(約35億円)から3000万ポンド(約43億円)とされているが、それをはるかに下回る額となる。

南野は18日中にメディカルチェックを受け、1月1日にはリバプールの選手になるようだ。デビュー戦は1月5日に行われるFAカップのエバートン戦になると予想されている。

リバプールの指揮官ユルゲン・クロップ監督は、南野がプレミアリーグのシーズン後半にアクションを起こせる選手と見ているようだ。同選手は2015年にセレッソ大阪からザルツブルクに加入後、199試合で64ゴールの活躍を見せている。今季もここまで14試合で6ゴールと申し分ない活躍だ。

2年前から南野を調査しており、6週間前からザルツブルクと友好的な話し合いを行っていたとされるリバプール。アンフィールドで南野のプレーを見ることができる日も近いだろう。