五輪札幌、後半は10キロ2周

マラソンコース決着、19日発表

©一般社団法人共同通信社

札幌市中心部の大通公園

 札幌開催に変更された2020年東京五輪のマラソンコースで、未定だった後半は約10キロのコースを2周する案で決着したことが18日、複数の関係者への取材で分かった。主に前半に使う20キロのコースの北側半分を走るルートで、ワールドアスレチックス(世界陸連)も了承した。大会組織委員会は19日にコースを発表する。

 マラソンコースを巡っては4日に前半は20キロのコースを1周することが明らかにされたが、後半の22.195キロ分は組織委と世界陸連で意見が分かれ継続協議となっていた。折衷案として、組織委が約10キロを2周する案を提示し14日に世界陸連などが現地視察した。