39議案可決し閉会 県議会第3回定例会

©株式会社神奈川新聞社

 神奈川県議会第3回定例会は18日、本会議を開き、2019年度一般会計11月補正予算案など39議案を可決・認定・同意し、閉会した。

 同補正予算案は総額177億3500万円で、台風被害への対応や産業技術短期大学校西キャンパス新築工事費などを計上した。辻堂海浜公園多目的グラウンドの人工芝化に伴う利用料金改定などを盛り込んだ県都市公園条例一部改正案も可決した。

 本会議では、ハードディスク流出問題を巡り、県に猛省と再発防止を求める決議を全会一致で可決。大学入学共通テストの円滑な実施や、聴覚障害のある乳幼児や児童に対する手話習得の機会確保などを求める意見書案4件も可決した。