鷹は千賀、阪神ジョンソン、中日はビシエド…12球団の2019年MVPは誰?

©株式会社Creative2

中日のダヤン・ビシエド、ソフトバンク・千賀滉大、阪神のピアース・ジョンソン【写真:荒川祐史】

セ・リーグMVPは坂本、パ・リーグMVPは森、では各球団では?

 2019年も残りあとわずか。今季のプロ野球はセ・リーグを巨人が5年ぶりに制し、パ・リーグは西武が2年連続で優勝した。そして日本一になったのはパ・リーグ2位だったソフトバンク。クライマックスシリーズで楽天、西武を、そして日本シリーズで巨人を怒涛の10連勝で破って3年連続の頂点に立った。

 MVPにはセ・リーグは巨人の坂本勇人内野手、パ・リーグは西武の森友哉捕手が輝き、新人王はヤクルトの村上宗隆内野手とソフトバンクの高橋礼投手が受賞。それぞれが球界を代表する活躍、インパクトを残した。

 では、セパ12球団の各球団MVPといえば、誰になるだろう? ここでは今季の各球団MVPを独自に選出してみた。

【セ・リーグ】
巨人:坂本勇人
 巨人のMVPは、セ・リーグMVPだった坂本以外にいないだろう。今季は143試合に出場すると、自身初の40本塁打を打ち、打率.312、94打点と大活躍。キャプテンとしてもチームを牽引し、5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。山口俊投手も15勝をマークしてMVP級の働きを見せた。

DeNA:ネフタリ・ソト
 2位となり、球団史上初めて本拠地でのクライマックスシリーズ進出を果たしたDeNA。MVPは打線の核となった助っ人のソトだろう。2年連続40本塁打を記録し、打率.269、43本塁打、108打点で2年連続の本塁打王と打点王の2冠に。投手では今永昇太投手も25試合で13勝7敗、防御率2.91の好成績を残した。

阪神:ピアース・ジョンソン
 ジャイアンツから今季、阪神に加入したジョンソン。セットアッパーとして58試合に登板して2勝3敗0セーブ40ホールドの好成績をマーク。1.38という驚異的な防御率を残し、阪神のAクラス入りに貢献した。助っ人右腕のほかにも、ベテランの藤川球児投手、盗塁王に輝いたドラフト1位ルーキー近本光司外野手も活躍した。

広島:鈴木誠也
 4年連続のリーグ優勝を逃すことになった広島は、4番としてチームを引っ張った鈴木がMVPだろう。今季は自身最多の140試合に出場し打率.335、28本塁打87打点の好成績。初タイトルとなる首位打者と最高出塁率に輝いた。112得点もリーグトップ。左腕のジョンソンは11勝で2年連続2桁勝利をマークした。

中日:ダヤン・ビシエド
 シーズン最後までAクラスを争った中日は、4番打者としてチームを支えたビシエドがMVP。全143試合に出場して打率.315、18本塁打93打点の好成績を残した。ビシエドのほかにも、セットアッパーとして41ホールドをマークしたロドリゲスもMVP級の働き。柳は初の2桁勝利となる11勝をあげた。

ヤクルト:村上宗隆
 最下位に沈んだヤクルトは2年目の村上をMVPに選出。チームでただ1人、全143試合に出場し、打率こそ.231だったが、10代最多本塁打記録を更新する36本塁打を放って96打点をあげた。33本塁打で4年連続30本塁打を達成したバレンティンも活躍した。

パ・リーグは? 日本ハム・有原が自身初の最多勝のタイトルを獲得

【パ・リーグ】
西武:森友哉
 リーグ2連覇を果たした西武。パ・リーグMVPだった森は打率.329、23本塁打、105打点をマークし、史上4人目となる捕手での首位打者に輝いた。捕手としても投手陣をリードしチームを優勝に導いた。森だけでなく、12勝をマークしたニールや打点王の中村らも活躍を見せた。

ソフトバンク:千賀滉大
 3年連続で日本一となったソフトバンクは、エースとして13勝をマークした千賀がMVPだ。防御率2.79、227奪三振で最多奪三振のタイトルを手にした。9月6日のロッテ戦では史上80人目のノーヒットノーランを達成した。野手では103試合で打率.319、28本塁打だったグラシアルの活躍が際立った。

楽天:浅村栄斗
 熾烈な争いを制して3位に食い込み、クライマックスシリーズに進んだ楽天。FA権を行使して西武から楽天に加入した浅村はキャリアハイとなる33本塁打を放ち、打線を牽引した。同じく33本塁打を放ったブラッシュ、最多セーブのタイトルを獲得した守護神の松井もMVP級の働きだった。

ロッテ:荻野貴司
 クライマックスシリーズ進出を逃したロッテは荻野をMVPに選んだ。自身初の規定打席に到達し、打率.315をマーク。初めて2桁本塁打となる10本塁打を放ち、28盗塁とリードオフマンとしてチームに貢献した。日本ハムから移籍したレアードも32本塁打を放って結果を残した。

日本ハム:有原航平
 5位に沈んだ日本ハムでは大黒柱として15勝をマークした有原がMVPだろう。今季は24試合に登板して15勝8敗、防御率2.46の好成績を残した。自身初のタイトルとなる最多勝にも輝き、チームを引っ張った。

オリックス:山本由伸
 最下位に沈んだオリックスでは山本がMVPだった。故障離脱こそあったものの、防御率1.95をマークして最優秀防御率のタイトルを 獲得。味方の援護に恵まれない試合が多く、20試合で8勝6敗だったものの、リーグでトップクラスの投球を見せていた。(Full-Count編集部)