~母子・父子家庭の皆さまへ~ 山口県が実施する福祉資金貸付制度・給付金のご案内

©株式会社VOTE FOR

■山口県母子・父子・寡婦福祉資金貸付金制度
母子・父子家庭および寡婦の方が扶養されているお子さんの入学や就職などに必要な経費や修学資金に対して、無利子で貸付を行います。主な資金は次のとおりです。
・就学支度資金、修学資金…高等学校等に入学又は修業施設へ入所、修学するために必要な費用
・修業資金(特別)…自動車運転免許取得費用(就職希望の生徒等)
・就職支度資金…就職に必要な費用
貸付に当たっては、事前相談、申請者及び保証人等の面談が必要です。
資金を必要とする日から、概ね1ヶ月半までには申請してください。
ご不明な点はご連絡ください。

■山口県ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金
母子家庭の母または父子家庭の父が、経済的自立に効果的な看護師等の資格取得のため1年以上の養成機関で修業する場合、生活の負担軽減を図り、高等職業訓練促進給付金を支給するとともに、修業期間終了後に高等職業訓練終了支援給付金を支給します。
対象者:母子家庭の母または父子家庭の父で、次の全ての要件を満たす方
・児童扶養手当の支給を受けている方または同様の所得水準の方
・1年以上の養成機関で修業し、対象資格の取得が見込まれる方
・就業または育児と就業の両立が困難と認められる方
・過去に山口県ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等を受給していない方
対象資格:
・看護師
・准看護師
・保健師
・助産師
・介護福祉士
・保育士
・理学療法士
・作業療法士
・理容師
・美容師等
支給対象期間:対象資格及び修業期間による(例:看護師の場合は3年間)
支給額:
ー訓練促進給付金ー
・町民税非課税世帯 月額10万円
(最終12ヶ月は月額14万円)
・町民税課税世帯 月額7万5百円
(最終12ヶ月は月額11万5百円)
※修業開始前に事前相談及び申請が必要です。
ー訓練修了支援給付金ー
・町民税非課税世帯 5万円
・町民税課税世帯 2万5千円

■山口県ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金事業
就業に結びつく可能性の高い教育訓練講座を受講する母子家庭の母または父子家庭の父に対し、受講料の一部を交付することにより、母子家庭の母または父子家庭の父に就業に関する能力開発の取組を支援します。
対象者:母子家庭の母または父子家庭の父で、次の全ての要件を満たす方
・児童扶養手当の支給を受けている方または同様の所得水準の方
・就職するために当該教育訓練を受けることが必要な方
・過去に山口県ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金を受給していない方
支給額:
・対象教育訓練の受講のために支払った経費の60%
(修学年数に20万円を乗じた額を超えるときは、修学年数に20万円を乗じて得た額(上限80万円))
・雇用保険制度の一般教育訓練給付金制度の支給を受けた方はその差額を支給
手続き:
・教育訓練を受講する前に、相談・申請され、口座の指定を受けることが必要です。

問い合わせ先:
▽役場保健福祉課 子育て支援係
【電話】0820-62-0184

▽柳井健康福祉センター保健福祉・総務室
【電話】0820-22-3777