80年代のゲーセンと青春ストーリーが融合したマルチジャンルゲーム「198X」のSwitch版が12月23日に配信!

©株式会社イクセル

ハチノヨンは、Hi-Bit Studios(スウェーデン)の開発したマルチジャンルゲーム、「198X」(イチキュウハチエックス)のNintendo Switch版を、日本向けに2020年1月23日に配信すると発表した。

「198X」は、1980年代を舞台に、思春期を迎えた主人公のストーリーと、その心象風景に重なる80年代風のアーケードゲームからなる、ユニークなタイトル。ゲーム中は、5種類のゲーム(ベルトスクロール型アクション、シューティング、レース、強制スクロールアクション、3DダンジョンRPG)を遊ぶことができ、それぞれのプレイ時間は簡潔ながらも、当時を思わせる本格的な作りとなっている。

本作にはスウェーデンのみならず、フランスや日本からも開発スタッフが参加。レトロスタイルの美麗なピクセルアートに加え、複数のアーティストによるサウンドトラックを採用しており、その中には国内外に幅広いファンを持つゲーム音楽作曲家の古代祐三氏も参加している。

本作は簡潔な、プロローグともいうべき作品で、今後開発会社が準備しているゲームへと続く予定となっている。本作の詳細な内容は、追って公表するとのことだ。

なお、先に配信済みのPC版への日本語ローカライズのアップデート、ならびにPS4版についてもNintendo Switch版に続いて、近日中に配信予定となっている。

■商品概要

タイトル:198X(カナ表記:イチキュウハチエックス)
ジャンル:マルチジャンル
開発元:Hi-Bit Studios
対応機種/ 配信開始日/ 価格(税込)
Nintendo Switch / 2020年1月23日予定 / 980円
PS4 / 未定 / 980円
PC(Steam) / 配信中 / 980円
発売元:ハチノヨン (Nintendo Switch, PS4)
CEROレーティング: D
プレイヤー数:1人

(C) 2019 Hi-Bit Studios