五輪組織委装う不審メールに注意

情報盗まれる恐れ

©一般社団法人共同通信社

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日までに、組織委の職員を装った不審なメールが確認されたとして、添付ファイルを開かないようホームページで注意を呼び掛けた。

 メールは英語で書かれ、添付ファイルを開くとコンピューターウイルスに感染し、IDやパスワードが盗まれる恐れがある。これまで被害は報告されていない。

 組織委は、取引先など実在の組織に成り済ましたメールに添付して送り付けられ、最近国内外で感染が広がっているウイルス「エモテット」ではないとしている。