「捜査一課長」が新春3日に臨場! 伊藤歩が内藤剛志と念願の初共演!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系では2020年1月3日(午後9:00)に、ヒラ刑事からはい上がってきた“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの奮闘を描くドラマ「警視庁・捜査一課長」の正月スペシャルを放送。SPでは、大岩の右腕を務める元刑事・陣内綾を伊藤歩が演じる。

物語は、“自殺ではないと言い張る遺体”が発見されたという奇妙な知らせが大岩にもたらされるところから始まる。その遺体は、8年前に強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ、元外食チェーン社長・片倉義彦(長谷川朝晴)だった。廃ビル屋上からの転落死とみられたが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンには「自殺ではない。殺された」という謎のメッセージが残されていた。さらに、元捜査一課の刑事だった“ジンジャー”こと陣内綾(伊藤歩)が事件現場にいた事実が判明する。実は、綾が片倉を誤認逮捕した張本人だった…。やがて、大岩は自らの進退をかけて、綾を捜査に加えるという前代未聞の決断を下す。同じころ、笹川刑事部長(本田博太郎)、小山田管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)らにも職を賭すような危機が迫っており、大岩一課長以下、捜査員たちの“最後の戦い”が展開していく。

元刑事・陣内綾を演じる伊藤は内藤とは初共演とのことだが、「2009年、私が出演した舞台を見に来てくださり、おいしいひつまぶし弁当をいただいた記憶があって、とても“いい人だな”という印象でした(笑)」と縁を明かす。内藤も、「もともと彼女が出演した映画を見てスゴイ女優がいるなと思っていたのですが、実際共演したらとても安定感のある女優さんで、難しい役なのに確実に演じてくださった」と絶賛した。

今回のドラマの見どころについて伊藤は、「2020年は日本にとって大きな節目の年。東京が目まぐるしく変わっていく瞬間に、この『警視庁・捜査一課長』で都内のさまざまな場所が映し出されるのが見どころ。あとは一課長の優しさによって、綾がもう一度人生を取り戻していくのも大きな見どころです」と語った。

そして内藤も、「この作品の中に『仲間はいいぞ』という大岩のセリフがあるのですが、それがすべてかな。人間はひとりでは生きていけないものでしょう…。もちろんミステリーなので謎解きを楽しんでいただきたいですが、仲間っていいものだなと思ってもらえたら。そして『2020年もみんなで頑張っていこう!』と、いい新年のスタートを切るお手伝いができればうれしいです」と新たな年に向けての意気込みを述べた。