オナニーマシーンのイノマーが死去

©有限会社ルーフトップ

オナニーマシーンのフロントマン、イノマーが12月19日午前2時50分、口腔底がんのため死去したことが発表された。享年53。

2018年7月に口腔底がんを発症、余命3年を宣告されて舌と内臓を切除。

今年の7月に癌が転移、再発し、癌の進行がステージ4であることを公表。壮絶な闘病生活の模様を本誌コラム『イノマーの自慰伝(序章)』で執筆していた。

さる10月22日には豊洲PITにて『ティッシュタイム・フェスティバル〜大感謝祭〜』を開催、銀杏BOYZ、ガガガSP、サンボマスター、氣志團と共演し、オナニーマシーンとして最後のライブ出演を果たした。

通夜・葬儀は近親者のみで執り行われ、後日、お別れの会の開催が予定されているという。