神奈川、福井に室内遊園地 「レジャラン」の山崎屋

©株式会社北國新聞社

 「レジャーランド」を展開する山崎屋(金沢市)が、商業施設のリニューアルに合わせた出店に力を入れている。11月22日に福井市内で室内遊園地を開業したほか、今月21日には神奈川県平塚市の商業施設内にもオープンする。衣料品をはじめとする物販の不振でレジャー施設をテナントに加える商業施設が多く、出店の引き合いが増えているという。

 山崎屋が21日に開業するのは「湘南あそびマーレ」で、商業施設「OSC湘南シティ」内に構える。面積は約2800平方メートルで、以前はおもちゃ売り場があった。ボルダリングやトランポリンなど約20種類のアトラクションを用意する。

 室内遊園地は大阪、東京、福井市の「ワイプラザ新保グルメ館」に次ぐ4施設目で、いずれも商業施設の改装に合わせて出店した。山崎屋の担当者は「既存の商業施設では物販からレジャー施設に改装したいというニーズが多い。石川県内でも出店場所がないか探していきたい」と話した。