ブラックホール撮影を1番に

米誌、今年の科学ニュース

©一般社団法人共同通信社

M87銀河の超巨大ブラックホール(中央の黒い部分)と、周りを取り巻くガスから出る光(研究チーム提供)

 米科学誌サイエンスは19日、今年一番の科学ニュース「2019年の大発見」に、日本を含む国際チームによるブラックホールの輪郭の撮影成功を選んだと発表した。「チームワークと技術が生んだ驚くべき偉業だ」と評価した。

 チームの国立天文台水沢VLBI観測所(岩手)の本間希樹所長は「これを励みに、さらに協力して優れた成果を上げたい」と話した。

 チームは17年4月、世界6カ所の望遠鏡で地球から5500万光年離れた「M87銀河」の超巨大ブラックホールを同時に観測。データを統合し、2年かけて作成した画像を今年4月に公表した。