乃木坂46の3期生と4期生が見据えるグループの未来「自覚を持ってもっと努力したい」

©株式会社東京ニュース通信社

乃木坂46の3期生と4期生の計22人が、本日12月20日発売の「B.L.T.2020年2月号」に登場。3グループに分かれてのグラビアや笑いあり涙ありの大座談会など、巻頭46ページにわたる総特集が組まれている。

3期生と4期生を代表して、表紙を飾った久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香の4人は、あでやかな晴れ着姿で東京・浅草寺へ。おみくじを引いたり、境内を巡ったりしながら、つかの間の浅草散策を楽しんだ。

実は今から約4年前の2015年11月、同誌の撮影で、生田絵梨花、白石麻衣、西野七瀬ら乃木坂46の“先輩たち”も、この浅草寺を訪れ、今回とまさに同じ雷門の前で表紙撮影を行っていた。それから4年の時を経て、同じ場所に立つこととなった3・4期生の4人。当時のメンバーはインタビューで「NHK紅白歌合戦」初出場が決まった時の懸命な“もがき”を語り、乃木坂46としての“乃木坂らしさ”を追い求めていた。それぞれがグループの看板を背負いながら、そうして築き上げてきた乃木坂46という“居場所”。果たして、今のメンバーはグループについて何を思うのか。

久保、与田、遠藤、賀喜の座談会では、あらためて乃木坂46が自分たちにとってどんな存在なのか、そして3・4期生によるライブを通して見えてきたことなどをテーマにトーク。グループは「この世で一番言葉にできない何か」「家族のようにあたたかい場所」「すごく大切な場所」と和やかに語り合う一方で、ライブの話題では口々に熱い思いを告白。19年の経験を踏まえ、「先輩に頼ってばかりの、今のままじゃダメ」「これまでとは意識を変えて“乃木坂46の一員です”という自覚を持って、もっと努力していかないと」と決意を新たにした。