Kカップ“超乳”グラドルももせももに熱視線!「何キロあるんだろう…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

グラビアアイドル・ももせももの自慢の肉体に、各所から熱視線が送られている。

元保育士という肩書を持つももせは駆け出しのグラビアアイドル。2016年ごろから活動しており、Jカップの爆乳を武器に動画配信サービス『SHOWROOM』でも人気を博していた。いつからかバストは115センチのKカップという超特大サイズまで成長し、今年8月にリリースしたファーストDVD『ももぱい』は巨乳好きを中心に大ヒット。「いい肉の日」である11月29日には2枚目のDVD『ももぱい2』をリリースし、グレードアップしたスタイル・衣装・セクシーさでファンをザワつかせた。

12月15日には、同DVDの発売イベントを東京・秋葉原で開催。「今回はポリス、OL、メイドさんなどコスプレが多い作品になっております」「一番恥ずかしかったのはポリスで、事情聴取をするシーンは途中からだんだん形勢が逆転してしまい、恥ずかしかったけど頑張ったので見てほしいです」など、謙虚ながら内容のセクシーさに自信をのぞかせている。

 

「好きな人にはたまらない!」

イベントの模様は各サイトでも配信され、前作のイベントに参加していない者や、ももせを知らなかった層の目にも止まることに。本人もイベント風景の画像をツイッターに公開しており、大盛況だったことがうかがえる。

巨乳どころか爆乳すらも飛び越え〝超乳〟とも呼ぶべき凄まじいバストに、ネット上も騒然。巨乳好きやスレンダー好きなど、さまざまな〝マニア〟からの声が入り交じり、

《素晴らしい 今年のベスト》
《ついにソフマップが覚醒したか》
《令和元年マジやべーな 》
《このレベルはなかなか街で見掛けないけどどこにいるんだ?》
《ヤベェ…アリだと思ってしまった》
《乳に全振りしたらこうなるんだな 》
《好きな人にはたまらない!》
《おっぱいだけで何キロあるんだろう》

などと、大反響を招いている。

「かつてグラビア界には、同業者のほしのあきも絶賛した『風子』という〝Pカップ〟の超爆乳グラドルがいました。ももせはそれ以来の衝撃的な逸材で、今はDVD2枚ですが、今後のリリース展開が気になるところです」(グラビア誌ライター)

バストサイズの115は、ドル円のレートかと思うような数字。〝超乳〟で世の男性を元気にし、消費税増税で落ち込む景気の回復に一役買ってほしいものだ。

 

【画像】

SunyawitPhoto / Shutterstock