松下奈緒主演「アライブ」の主題歌に須田景凪「はるどなり」が決定

©株式会社東京ニュース通信社

松下奈緒主演で2020年1月9日からスタートするフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜午後10:00)の主題歌を、シンガーソングライターの須田景凪が担当する。

ドラマは腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの闘いを描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”。また、彼らが伴走する患者たちの生きざまや、松下演じる腫瘍内科医の恩田心と、心とバディとなっていく木村佳乃演じる消化器外科医・梶山薫が、それぞれに痛みと秘密を抱えながらも絆を深め合い、人生を生き抜いていく姿を繊細に描いていく。主題歌に決まった楽曲はドラマ書下ろしの新曲「はるどなり」で、タイトルの「はるどなり」とは”春がすぐそこまで来ていること”を意味する言葉「春隣」のこと。壮大でビビッドでありながら聴く人全ての”痛み”に寄り添うような楽曲になっている。

プロデューサーの太田大氏は「『はるどなり』は、今回のドラマのテーマである“生きる”ということを情感豊かに、かつ冷静に見つめた楽曲。胸を打つ歌詞と美しい旋律がドラマを包み込んでくださること、とても楽しみにしています」と期待。また、今回初めて実写作品での主題歌を担当することになった須田も「自分の中にある命への価値観とリンクする描写が多々あり、ゆっくり丁寧に制作しました。冷たくも温かい物語に添う楽曲になったと思います」と話している。