米宇宙軍が発足、陸海空と並ぶ、

軍拡競争激化の恐れ

©一般社団法人共同通信社

ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で国防権限法案に署名するトランプ大統領=20日(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、米軍に陸海空などと並ぶ6番目の独立軍として宇宙軍を発足させた。宇宙開発を加速させる中国、ロシアとの軍拡競争が激化し、宇宙の軍事利用が進む恐れがある。陸海空、海兵隊、沿岸警備隊と並ぶ独立軍の創設は1947年の空軍以来、約70年ぶり。

 トランプ氏が同日、軍創設費用を盛り込んだ国防予算の大枠を決める2020会計年度(19年10月~20年9月)の国防権限法案に署名し同法が成立。これに伴い宇宙軍が発足した。宇宙軍は約1万6千人体制で宇宙空間の監視を強化し、人工衛星の防衛やミサイルの早期探知など宇宙領域での作戦を実施する。