電車にはねられ男性死亡 「線路上で四つんばいになっていた」と目撃情報も JR外房線

©株式会社千葉日報社

 20日午後6時ごろ、千葉市中央区生実町のJR外房線蘇我-鎌取間の線路上で、高齢の男性が千葉発誉田行き下り電車(8両編成)にはねられた。男性は頭を打ち、現場で死亡が確認された。千葉県警千葉中央署は男性の身元と事故原因を調べている。

 同署によると、男性は線路上で横たわったり四つんばいの状態になったりしていたとの目撃情報がある。現場は最寄りの踏切から離れた場所にあり、同署は進入経路の特定を進める。

 JR千葉支社によると、乗客約200人にけがはなかった。特急1本を含む上下11本が運休、特急3本を含む上下21本が最大1時間45分遅れ、約2万人に影響した。