ジャンプフェスタ2020で「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の完全新作アニメ&ゲーム化が発表!

©株式会社イクセル

スクウェア・エニックスは本日12月21日、ジャンプフェスタ2020の同社ブースにて「星ドラCEO就任記念 堀井雄二×DAIGO生対談」のステージイベントを実施した。

本イベントでは、スマートフォンゲーム「星のドラゴンクエスト(以下、星ドラ)」のプロデューサーを務める市村龍太郎氏、「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏、そして「星ドラ」のCEOに就任したDAIGOさんが登壇し、フリートークが繰り広げられた。

堀井氏とDAIGOさんは今回が初対面ということだが、そうは感じさせない和やかな雰囲気で進行。プレイしたシリーズ作品に関するトークでは、「ドラゴンクエストI」での名前でステータスが変わるということで”やり”という名前で遊んでいたことや、最新作「ドラゴンクエストXI」では奥さんと一緒にプレイしていたエピソードが語られるなど、端々に「ドラゴンクエスト」への愛がうかがえた。

「星ドラ」は1周年ぐらいのタイミングで始めたそうだが、今ではすっかりハマっている様子で会場に質問を投げかけたり、機能実装の要望なども寄せていた。また、CM出演については周囲からも大きな反響があったことが語られていた。

DAIGOさんから堀井氏への「ドラゴンクエスト」に関する質問コーナーでは、ファン目線での鋭い質問に、I・IIIは当初三部作として考えてなかったことが語られたり、XIを遊んで気になった疑問の数々に回答していく。また関西人だから呪文は擬音系が多いなど、独特なネーミングに関するエピソードも明かされていた。

堀井氏からDAIGOさんへは、来年もCEOとして活動してほしいというお願いとともに、遊んでいる様子を配信してほしいという要望も。今後についても気になるところではあるが、ここでお正月CMが放送されることが明らかになった。

「ドラゴンクエスト」トークが尽きないところではあるが、ここでVジャンプ副編集長のサイトーブイ氏が突如として登場し、「ドラゴンクエスト」関連の新プロジェクトとして、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(以下、ダイの大冒険)」の完全新作アニメ化、そしてゲーム化プロジェクトが進行していることが発表された。

ステージ上には原作者の三条陸氏も登壇し、「ダイの大冒険」トークに花を咲かせる。アニメについては2020年秋に放送予定ということで、今後の情報に期待したいところ。なお、アニメは東映アニメーション、ゲームはスクウェア・エニックスがそれぞれ担当、ゲームのプロデューサーは市村氏が務めるとのこと。

最後にキャストからのメッセージが寄せられ、ステージは締めくくられた。

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」アニメ公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/dai/

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」アニメ公式Twitter
https://twitter.com/DQ_DAI_anime

(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会 (C)SQUARE ENIX LTD.All Rights Reserved.(C) 2015-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.