秋元議員、中国企業を訪問

マカオのカジノも視察

©一般社団法人共同通信社

秋元司衆院議員

 日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入に関心を寄せていた中国企業の日本法人側が、無届けで海外から現金を持ち込んだとされる外為法違反事件で、自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=がIR担当の内閣府副大臣に就任後の2017年12月、広東省深センにある中国企業本社を訪問し、経営トップと面会していたことが21日、関係者への取材で分かった。

 秋元議員はこの後、中国企業の案内でマカオのカジノ施設を視察したことも判明。東京地検特捜部はこうした経緯を把握しているもようで、秋元氏と中国企業との関係を調べている。