元広島、現BC埼玉の辻が現役続行 “最後のトライアウト”予定も「悔しくて悔しくて」

©株式会社Creative2

12年育成ドラフト1位で広島に入団し16年から支配下登録されていた

 元広島でBCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズに所属する辻空投手が自身のツイッターで、来季も同球団で現役続行することを報告した。今オフにはNPBの合同トライアウトに参加していたが復帰はかなわず、「本当はここでNPB復帰を諦める予定でした」と心中を語った。

 辻は2012年育成ドラフト1位で広島入り。2016年から支配下登録も1軍登板はなく、昨オフに戦力外通告を受けた。辻は「トライアウトが終わり1ヶ月ちょっとが経ちましたが、NPB復帰とはなりませんでした。トライアウトを終えてみて、たくさんの方々に応援してもらってるんだなと改めて感じました。本当にありがとうございます 本当はここでNPB復帰を諦める予定でしたが、悔しくて悔しくて」と綴った。

 しかしまだ25歳。今年のトライアウトでは3者凡退に仕留めたということもあり、NPB復帰への道をもう1度歩むことに。「決断までとても悩みましたが、もう1年埼玉武蔵ヒートベアーズでプレーさせていただくことに決めました! 自分の力を出し切りたいと思います。引き続き、応援していただけたらと思います よろしくお願いします! 独立リーグのことも知っていただきたいので、たくさん発信していきたいと思います!!」とツイートした。(Full-Count編集部)