キャベツ、袋いっぱい 高鍋で収穫祭

©株式会社宮崎日日新聞社

収穫したキャベツを袋に詰め込む参加者

 今夏、1100万本のヒマワリを育てた高鍋町持田・染ケ岡地区で15日、恒例の「ひまわりキャベツ収穫祭」があった。農家女性でつくる農奥(大脇直美代表、5人)主催。町内外の家族連れら約150人が土と触れ合い、料理を楽しんだ。